バガボンド 1 バガボンド 2 バガボンド 3 バガボンド 4 バガボンド 5
バガボンド 1

バガボンド

井上雄彦 / 講談社

37巻

伊織と暮らす寒村で、刀を鍬に替え、田を開墾していく武蔵。だが、自然は試練を与えるかのように、凶暴な天変地異を引き起こす。 水に勝ち、地を制する――。武蔵の“無刀”の闘いが始まる。 「土の子」伊織と暮らす寒村で、刀を鍬に替え、田を開墾していく武蔵。 だが、自然は試練を与えるかのように、空を黒く変えるほどの凶暴な天変地異を引き起こす。 その困難の先にある「内なる無限」を享受させるべく。 水に勝ち、地を制する――。武蔵の“無刀”の闘いが始まる。「土の子」伊織と暮らす寒村で、刀を鍬に替え、田を開墾していく武蔵。だが、自然は試練を与えるかのように、空を黒く変えるほどの凶暴な天変地異を引き起こす。その困難の先にある「内なる無限」を享受させるべく。 飢饉の中、人も寒村も生きる希望すら痩せてゆく…。“強く”あろうと開墾を続ける武蔵。土を生かし、息をさせろ。死の冬が来る前に。 飢饉の中、人も寒村も、生きる希望すら痩せ衰えてゆく――。 “強く”あろうと開墾を続ける武蔵だが、土を生かす術がない。 死の冷たさを抱いた冬の風が吹く前に、田の土に息をさせなくては、すべてが凍りつく……。 かつて“悪鬼”と呼ばれた武蔵が、死地を拓き、「希望」の地へと変えてゆく。 飢饉の中、人も寒村も生きる希望すら痩せ衰えてゆく――。“強く”あろうと開墾を続ける武蔵だが、土を生かす術がない。死の冷たさを抱いた冬の風が吹く前に、田の土に息をさせなくては、すべてが凍りつく……。かつて“悪鬼”と呼ばれた武蔵が、死地を拓き、「希望」の地へと変えてゆく。 一世限りの孤独な鍛錬を、現世の剣に活かす武蔵、後世の土へ託す秀作。異なる生き様は、弱き稲の命を介し、交叉し、実をつけてゆく。 剣に生き、鬼と化す――。土に生き、土に死す――。一世限りの孤独な鍛錬を、現世の剣に活かす武蔵と、後世の土へと託す秀作。理解し合えぬ二人の生き様は、か弱き稲の命を介し、やがて交叉し、予期せぬ実を心につけてゆく。

週刊モーニング
みんなのよんだ
@@-user_name@@さん
@@-user_name@@

@@-review_heart@@

@@-review_read_number@@巻/@@-title_volume_prefix@@@@-title_volume@@巻

@@-review_body@@

読み込みできませんでした