新装版 ABARA 1
新装版 ABARA 1

新装版 ABARA

新装版 ABARAの作品情報

弐瓶勉 / 講談社
1巻
人間を捕食する異生物・白奇居子(シロガウナ)に唯一対抗可能な黒奇居子へと変態した駆動電次は、壮絶な戦いに身を投じていく──。 『シドニアの騎士』『BLAME!』の弐瓶勉がゼロ年代中期に放った傑作SF、圧倒的仕様でここに新生! 旧版収録の『ABARA』と短編『DIGIMORTAL』を完全収録+大型B5判サイズ+全ページ新規製版+著者自身による作品解説 途方もなく巨大な廟がそびえ立つ世界。人間を捕食し成長する白奇居子(シロガウナ)の出現により、平穏は破られた。謎の男・駆動電次は、正体不明の異生物に唯一対抗できる人型兵器・黒奇居子(クロガウナ)へと変態し、壮絶な戦いに身を投じていく──。事態の裏に見え隠れする企業・第四紀連とは? 殺戮の限りを尽くしながら廟を目指す白奇居子の目的とは? 『シドニアの騎士』『BLAME!』の著者が描く、漆黒の黙示録。 『ABARA(アバラ)』 #01 白奇居子(シロガウナ) #02 那由多(ナユタ) #03 阿由多(アユタ) #04 示現体連鎖(しげんたいれんさ) #05 恒差廟(ごうさびょう) #06 破告(はこく) #07 第四紀連(だいよんきれん) #08 はらぺこゴウナ #09 禁籠(きんろう) #10 駆動電次(クドウデンジ) #11 伝播(でんぱ) 『DIGIMORTAL(デジモータル)』 前編 後編 作品解説/弐瓶 勉

新装版 ABARAのみんなのよんだ

@@-user_name@@さん
@@-user_name@@

@@-review_heart@@

@@-review_read_number@@巻/@@-title_volume_prefix@@@@-title_volume@@巻

@@-review_body@@

すべて読み込みました

読み込みできませんでした